結婚式までにダイエット

結婚式までに脇の下の「ぷにぷに」を解消する

体に余裕(ゆるみ)がある場合、ウェディングドレスを着たい際に
最も気になる部分と言えば、やはり「脇の下のぷにぷに」だと思います。

 

脇の下の肌の表面の

  • 剃り残し
  • ポツポツ

 

これらはもちろんのこと、脇を閉じた際に最も気になるのは
遠くからでも分かってしまう「肉のたるみ」です。

 

特にウェディングドレスは「コルセット」と同じであり
思い切り締め上げるため、余計に余っている肉を
際立たせてしまうことになります。

 

また結婚式に関係なく、暑い時期に薄着になった際に
女性が最も気になる部分でもあり、これを機会に解消しておくことをおススメします。

 

 

脇「周辺」の状態が大きな影響を与えている

 

「脇の下のぷにぷに」は「脇の下自体」に肉が余っているわけではなく
その周辺の余った肉によって、構成されています。

 

「バストの肉」はもちろん「背中の肉」や「二の腕の肉」
それらに加え、わき腹につながる「余った肉」によって
脇の下を閉めた際にはみ出てしまうことになります。

 

まずは「全体的に」痩せるための努力する

 

前提として、まずは体全体を絞ることが優先されます。⇒花嫁の食事制限

 

更に「筋トレ」によって、肉をしっかりと締めましょう。⇒花嫁の筋トレ

 

それらを実践しながら、プラスアルファを加えていくことになります。

 

 

「猫背」の矯正

 

猫背によって、筋肉を中心に肉が緩んでしまいます。

 

ウェディングドレスは、普段は猫背の人であっても
自然に、胸を張った姿勢になります。

 

しかし改めて脇を締めた際、普段猫背で過ごしている人の脇には
「普段は隠れているぷにぷに」が現れてしまうことになります。

 

普段から、しっかりと胸を張って過ごすようにし
自分の脇はどれくらいぷにぷになのかを、把握しておくことも必要です。

 

また根本的な姿勢の良さは、ウェディングドレスであっても
和装・色打掛であっても、美しく着こなすために必要な要素になります。

 

お肌に水分を

 

「肌のたるみ」は、細胞内の水分の欠如をきかっけとして始まります。

 

つまり「水分不足」が、脇の下周辺のお肉のたるみにつながり
結果的に「脇の下のたるみ」を生じさせてしまうことになります。

 

本来であれば、たるんでいないことも考えられ
「ハリ」を取り戻すことが、結果的にたるみの解消につながる可能性もあります。

 

新陳代謝を高めるためにも、十分な水分摂取は必須であるため
結婚式の直前だけでなく、前もって「瑞々しい体」を準備しておくことが望ましいです。

 

ただし「むくみ」に注意

 

「十分な水分摂取」を心がけることと同時に
「むくみ」についても注意する必要があります。

 

過剰な水分摂取は「むくみ」の要因の1つでもあり
むくんでいるということは「血液」「リンパ液」の流れが滞っていることでもあります。

 

「とにかく」まずは「むくみ」の解消から始める

 

放っておくと「花嫁にとって致命的な」その他のトラブルを招く

 

脇の下のぷにぷには、放っておくことによって
また違った「見た目」に関わるトラブルを招くことになります。

 

肉が余っているということは「摩擦」を生むことにつながり
表皮の「炎症」それによる「黒ずみ」を招いてしまいます。

 

さらにその後も、ぷにぷにが解消出来ないことによって
黒ずみの「悪化」「定着」を、促進してしまうことになります。

 

こういった「表面的なトラブル」にも、「脇の下の余分なお肉」が大きく関わっており
花嫁が絶対に避けなければならないトラブルであることは、言うまでもありません。

 

 

>>>「太い二の腕」が気になる花嫁の心強い味方

 

「二の腕痩せ」を成功させるための秘訣とは

焦っている花嫁にぜひチェックして欲しい激売れサプリ

 
トップ 美花嫁の条件 痩せるための食事 「断食」してみる 脇の下のお肉 短気痩せアイテム 結婚式の準備