結婚式までにダイエット

本当に気に入ったドレスを着る・着こなすために頑張る

結婚式に、花嫁はどんなドレスを着るべきか?

 

という疑問に関しては「着たいドレスを着る」ということが
最も大切な、後悔しないための判断に違いありません。

 

「一目ぼれ」で選んだドレスを、最終的に着ることも珍しくなく
ほとんどの場合、自分が気に入ったドレスを「着こなす」ために
ダイエット・スキンケアといったことを進めていくはずです。

 

結婚式に着るドレスというのは

  • ウェディングドレス
  • カラードレス

 

以上の2つであり「和装」で挙げる挙式を選択したとしても
どちらかは「お色直し」後に、着ることになるはずです。

 

和装に関しては、それほど体のラインが見えないものであり
「サイズ」の融通がきくものになります。

 

しかしながら「ドレス」に関しては、サイズの幅(選択肢)が少なく
「ドレスが入らないから諦める」といった方も珍しくありません。

 

このサイトをご覧になっている方の中には
「諦めたくない!」「絶対に来てやる!」といった
ドレスのために、ダイエットを決意した方も多いのではないでしょうか?


 

どんなドレスが綺麗に見える?

 

ウェディングドレスには「かわいい!」「着たい!」といった
「見た目」という要素の他に「本人の着こなし」という要素が
非常に重要なものになります。

 

いくら値段の高い・ハイセンスなドレスを選ぼうとも
「はまって」いなければ「似合っていない」印象を受けてしまいます。

 

そして、ウェディングドレスを着こなすためには
「サイズが合っている」ということが、非常に重要な要素になります。

 

それは「太っている」「痩せている」というよりも
「ぴったり合っている」ということが理想的であり

  • サイズの選択肢が少ないことが前提
  • 大きなサイズに合わせるために、わざわざ太りたくない

 

ということは「少し小さめのサイズ」にフィットさせる必要があり
現在の体を、サイズに合わせていくことが大切です。


 

「バスト」と「ウェスト」のラインでキメる

 

現在のウェディングドレスというのは
基本的に「肩出し」であり、胸元で「止める」仕様です。

 

そして「背中」と「ウェスト」を「コルセット」のように
締めることによって、ずり落ちないようにしていきます。

 

そのため、その部分が

  • そもそも入らない
  • 苦しくて耐えられない

 

といった場合に、痩せる必要が出てくるのです。

 

はまりさえすれば何とかなる!

 

ボディラインがはまりさえすれば、後は「脇の下」「二の腕」といった
細かい部分をケアしていくだけになります。

 

脇の下の肉「たるみ」を取りたい

 

二の腕の「ぷにぷに」を解消したい

 

まずは「入る」ようにすることが、最も重要な要素に違いありません。

 

そもそも「花嫁ダイエット」を決意する理由というのは

  • 本当に気に入ったドレスを着たい
  • 綺麗に「見える」ように着こなしたい

 

以上のどちらかがきっかけになっているはずであり
この「ドレス問題」は、結婚式に向けた減量の目的の「本質」でもあります。

 

まずは思い切って「断食」から始める

 

残された「要素」「期間別」のダイエットアイテム

焦っている花嫁にぜひチェックして欲しい激売れサプリ

 
トップ 美花嫁の条件 痩せるための食事 「断食」してみる 脇の下のお肉 短気痩せアイテム 結婚式の準備